天穂のサクナヒメ オンラインライブ 奏祭 ─かなでまつり─

このブログは2023年1月31日でサービスを終了し、記事は閲覧できなくなります。
http://www5a.biglobe.ne.jp/~vanity/
このページをご覧になっている方は、上記のアドレスから移転後のブログへ移動をお願いいたします。




ツイッターの方では何度も取り上げていましたが、ブログではまだ記事に起こしていなかったので改めて告知します。

kanadematsuri.jpg
天穂のサクナヒメ オンラインライブ
奏祭 ─かなでまつり─



インディーズ発の本格稲作アクションゲームとして大きな話題を呼び、私も音楽で関わらせていただいた『天穂のサクナヒメ』。ノベライズ化・WEBコミック化などさまざまなスピンオフが展開された中で、今度はその楽曲にスポットを当て、豪華演奏陣によるパフォーマンスをオンラインでお届けする音楽ライブが開催される運びとなりました。
しかもその曲目と参加者は、私がプロデュースと販売を担当したアレンジアルバム『天穂のサクナヒメ 実演楽曲集 奏 ―かなで―』に大きく準拠しているという、私にとっては二重に光栄な内容となっています。
kanade_banner.jpg

サクナ関連では大きな幸運に恵まれ、アレンジアルバムが好評だったりオリジナルサントラが発売されたりなど自分の実力以上の評価をいただきましたが、さらに「個人の二次創作として制作したアレンジアルバムが企業の主催によって音楽イベントに昇華する」という、ちょっと信じられないような事態にまで発展しました。
本当に作曲家冥利に尽きるの一言ですが、私の楽曲が基となってこれだけの規模のイベントが成り立つのかいまだに信じられず、赤字になったりしないかとずっと心配しています(笑)

出演者一覧は公式サイトで発表されています。「奏 ―かなで―」に参加されていた方々に加え、主題歌を歌う朝倉さやさんも出演し、「ヤナト田植唄・巫 ―かみなぎ―」をライブで初披露されます。
オンラインライブということで演奏は事前収録され、ファミ箏の皆様は昨年11月に、それ以外の皆様は今月に収録・撮影が済みまして、現在は放送に向けて編集が行われているところです。

私自身は原曲を提供した以外は直接ライブとの関わりはありませんが、2回とも収録に立ち合いに行きましたので、その際の模様を踏まえて各参加者のご紹介と演奏の聴きどころを、これからライブ開催日に向けて数回に分けて紹介していきたいと思います。
もし興味を持っていただけましたらぜひチケットをお求めいただき、開催日を楽しみにお待ちいただければ幸いです。

チケットの購入はこちら

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス